未来を啓く、人に成る。

愛知啓成高等学校
校長

足立 三千夫

MICHIO ADACHI

磨きをかける探究と挑戦
創立から受け継がれる伝統を礎に、愛知啓成高等学校として共学化以来、国立大学医学部をはじめとする難関大学への進学、女子テニス部や野球部に代表されるスポーツを通じた全国的な活躍など、生徒たちは各分野で輝かしい実績を残しています。本校の教育の根幹は、人としての総合力の向上を図り、現代社会で必要とされる人材を育成することです。真面目で、落ち着いた校風、どこまでも熱心な教師陣、そして何事にも真剣に取り組む生徒たち。こうした環境のもと本校は、「サミッティア(特進)」 「グローバル」そして新たに 「アカデミア(進学総合)」を加えた3つのコースで生徒たちの特性に磨きをかけます。また、課題を見つけ探究する「Keiseiチャレンジ」で自ら考え行動する活気に満ちた高校生活を提供します。本校での充実した3年間を終えた後は、グローバル化、ボーダレス化の進展する社会で一人ひとりが光り輝き、力強く活躍できる人材となってくれることでしょう。次の100周年に向けて新たなステージへとスタートした愛知啓成高等学校で、皆さんの活躍のフィールドが拡がっていくことを願っています。