【グローバルコース】2名がカナダ長期留学へ出発しました。

2021.01.18

1月17日にグローバルコース1年生の高木海成君(佐織中)と祖父江仁平君(布袋中)がカナダ長期留学へ出発しました。

この留学は、ホームステイをしながらカナダの姉妹校であるクワリカム・セカンダリー・スクール(KSS)で約1年間学ぶプログラムです。KSSは、サミッティアコース修学旅行のホスト校でもあります。今回で5回目の派遣となります。本来ならば、8月末に出発するはずだったのですが、コロナウィルス感染拡大の影響で約5か月間出発が延期になりました。到着後は、14日間自宅で検疫期間を過ごし、学校でも感染症対策のもと、限られた授業しか受けられないという制約はありますが、受け入れ校の協力のおかげで何とか出発することができました。例年とは違った留学生活にはなりますが、コロナ禍において自分を試すために、あえて日本を飛び出していく2人の勇気には、心から敬意を表します。2人はカナダでの年度をまたいで授業を受け、来年の2月1日に帰国する予定です。

カナダ留学