What's New

トップ  »  What's New  »  グローバルコース設置を視野に、国際交流が活発化しています

【2017.11.07】グローバルコース設置を視野に、国際交流が活発化しています

 ロータリーフランス留学 原亜維さん

 ホストファミリーは80代の老夫婦で優しい方たちです。私の今のフランス語力ではコミュニケーションをとるのが大変で、ジェスチャーや紙に書いて乗り切っています。学校では1年生の文系クラスに入っています。クラスの仲がとても良く、アジアのことが好きな子が多いので、このクラスに入れて本当によかったです。授業はフランス語が難しく、歴史と英語、数学しか理解できなくて大変です。2泊3日の留学生オリエンテーションで2日目の夜にはタレントショーがありました。ヴァイオリンを弾ける子とカノンを合奏しました。夜のパーティーは踊ることに慣れていなかったのではくたくたになりました。この1ヶ月は本当に大変でしたが、目に入るもの全てが新鮮で色々な経験ができました。

(写真1番左が原さん)1か月の報告.jpg

フランスからはニーナさん

上記の原さんと交換で、9月よりフランスからニーナさん(16歳)が本校で学んでいます。明るく朗らかな性格で、学校にも溶け込んで1A2組のクラスの生徒と一緒に勉強しています。英語がとても流暢で、先日はネイティブ教師と一緒に朝礼時に英語のインタビューを全校生徒に放送で流しました。合唱コンクールではクラスの伴奏者を務め、文化祭ではフランスの詳細なレポートを展示し茶道部の部員として浴衣でお茶をふるまいました。

ニーナhp.jpg