What's New

トップ  »  What's New  »  Keiseiチャレンジでインターンシップ・ 幼稚園実習などに総勢118名が参加

【2017.08.16】Keiseiチャレンジでインターンシップ・ 幼稚園実習などに総勢118名が参加

<インターンシップ>

本年度も夏期休暇中2年生希望者9  名が1日~3日間のインターンシップに参加しました。本年度は名鉄国府宮駅、三菱東京UFJ銀行岩倉支店、モン・モ・ディス(洋菓子店)など5ヶ所の職場で受け入れていただきました。普段はサービスを受ける側の生徒が実際にお客様を相手にする立場となり、自分の頭で考えていた仕事像とは違った、新たな発見をすることができました。短い期間でしたが、自分の将来をより具体的にイメージすることができる良い機会となりました。

 

<ロボカップ・ボランティア>

ロボカップとは、ロボット工学と人工知能の融合、発展のため、日本の研究者等によって提唱された国際的なロボットの競技会です。1997年に名古屋で第一回大会を開催して以来、世界各地で開催され、今では世界約40か国から3000人の研究者や学生が参加しています。7月末に名古屋で開催された今大会のボランティアに、本校の生徒63名が参加してきました。生徒たちは会場での受付や案内、誘導などの仕事に携わりました。

 

<医療系施設体験・見学>

  1・2年生の希望者14名が、7月末~8月末にかけて、千秋病院での「一日看護体験」に参加します。特に1・2年生の参加が多く、進路意識の高まりを感じます。また、同じ千秋病院内の「理学療法1日体験」に8名が参加することになっています。この他、8月4日に名古屋第一赤十字病院での「臨床工学技士一日職場体験」に5名、各県内病院での「作業療法施設見学会」(8月24日・25日予定)に7名が参加します。

 

<幼稚園実習>

夏休み中、自分が希望する幼稚園で、2~4日間実習を実施させていただいています。今年の参加者は全学年合わせて8名でした。毎年参加している熱心な生徒もおり、着実に夢に向かって歩んでいます。

 

<その他の体験>

この他にも、三重交通の主催する「バスガイド体験ツアー」に4名が参加するなど、様々な職業体験のイベントに本校生徒が参加しています。このような機会を積極的に利用することで進路意識を高めていっています。