What's New

トップ  »  What's New  »  アジアユース人材育成プログラムに本校生徒が参加

【2015.08.24】アジアユース人材育成プログラムに本校生徒が参加

 

8月5日(水)~22日(土)まで「アジアユース人材育成プログラム」が開催されました。これは日本とアジア各国の高校生が一定期間共同生活を送り、次世代のイノベーションにつながる能力を持つことを目指す人材育成プログラムです。本年度はアジア13カ国から27名と開催県沖縄から14名、その他日本全国から14名の合計55名が集まり、本校3A2組原田拓海君(滝ノ水中)も参加者に選ばれ、約2週間の日程でプログラムに参加しました。
期間中は会話を全て英語で行うため、英会話には多少の自信があった原田君でしたが、会話の難しさや自己表現の難しさを体感したそうです。発表やディスカッションなどの日程を仲間と励まし合いながらこなし、充実した日々を過ごせたそうです。そして参加前より自己表現力が上がったこと、各国に友人ができたことが思い出になったとのことでした。
国際交流の魅力を改めて感じた原田君は、将来アジア諸国の発展に貢献できる活動をするために大学へ進学したいと、日々受験勉強に励んでいます。

8月5日(水)~22日(土)まで「アジアユース人材育成プログラム」が開催されました。これは日本とアジア各国の高校生が一定期間共同生活を送り、次世代のイノベーションにつながる能力を持つことを目指す人材育成プログラムです。本年度はアジア13カ国から27名と開催県沖縄から14名、その他日本全国から14名の合計55名が集まり、本校3A2組原田拓海君(滝ノ水中)も参加者に選ばれ、約2週間の日程でプログラムに参加しました。

期間中は会話を全て英語で行うため、英会話には多少の自信があった原田君でしたが、会話の難しさや自己表現の難しさを体感したそうです。発表やディスカッションなどの日程を仲間と励まし合いながらこなし、充実した日々を過ごせたそうです。そして参加前より自己表現力が上がったこと、各国に友人ができたことが思い出になったとのことでした。

国際交流の魅力を改めて感じた原田君は、将来アジア諸国の発展に貢献できる活動をするために大学へ進学したいと、日々受験勉強に励んでいます。

 

沖縄での研修発表.jpg