What's New

トップ  »  What's New  »  ナナちゃん人形に本校生徒デザインの服 が着せられました

【2014.09.25】ナナちゃん人形に本校生徒デザインの服 が着せられました

名古屋駅前のシンボル、ナナちゃん人形が、本校生徒がデザインした衣装に衣替えしました。この企画は毎年名鉄百貨店様の御協力による未来のデザイナー育成を目的としたもので、ナナちゃん人形作品展示と平行して特設ステージにてファッションショーも開催されました。今回は名鉄百貨店様の60周年と本校の第10回目の企画実施を祝い、クジャクのドレスでお祝いをしました。ドレスは、生活文化科2年生の水野里緒さん(木曽川中)がデザインしたものでスラッシュキルトという技法が使われています。世界に一着しかないドレスを創り出すことを目指して、生徒たちはそれぞれのドレスの制作に当たりました。ナナちゃんと平行して、ミナちゃん(名鉄百貨店本館4階にあるナナちゃんの身長の6分の1サイズの人形)にも鈴木聖菜さん(丹陽中)のデザインしたドレスが着せられました。ファッションショーは9月20日(土)に3回実施され、22名の生徒が色とりどりのドレスを身にまとい、希望でいっぱいのステージとなり、道行く人たちの注目を集めました。なお、ナナちゃん人形のドレスは、9月17日~9月23日まで展示されました。

 

啓成News2.jpg