What's New

トップ  »  What's New  »  愛知県私学弁論大会 準優勝

【2013.11.20】愛知県私学弁論大会 準優勝

 平成25年度校内弁論大会が、9月27日、講堂で開催されました。1年生4名、2年生5名の計9名の弁士が、限られた練習時間の中でよりよい弁論を展開するために、努力して大会に臨みました。自己の身の回りをよく見つめたもの、視野を広げ、地域社会や国際問題に関する問題を取り上げたものと、様々な話題を語る弁士の熱弁は聴衆生徒の心に響いたようで、弁士の思いをよく受け止めたと感じられる感想が多くありました。協議の結果、2A2内藤和さん(祖父江中)が、愛知県私学弁論大会に出場することになりました。

 そして迎えた11月6日(水)、日進市民会館で第61回愛知県私学弁論大会が開催されました。本校からは、2年生の内藤和さん(祖父江中)が代表弁士として出場し、高校の部(28校出場)で、第2位となりました。なお、内藤さんの弁論内容は次の通りです。

平成25年度校内弁論大会が、9月27日、講堂で開催されました。1年生4名、2年生5名の計9名の弁士が、限られた練習時間の中でよりよい弁論を展開するために、努力して大会に臨みました。自己の身の回りをよく見つめたもの、視野を広げ、地域社会や国際問題に関する問題を取り上げたものと、様々な話題を語る弁士の熱弁は聴衆生徒の心に響いたようで、弁士の思いをよく受け止めたと感じられる感想が多くありました。協議の結果、2A2内藤和さん(祖父江中)が、11月6日に行われる愛知県私学弁論大会に出場することになりました。なお、文化祭第1日目に私学弁論大会方式に則った内藤さんの弁論を聴くことができます。なお、内藤さんの弁論内容は次の通りです。
優勝 内藤 和(祖父江中)
私学弁論大会出場へ
「自信を持ちたいと思う人へ」
自分は今までコンプレックスの塊で自信を持てずにいた。しかし高校入学をきっかけに「自分に自信が持てる女性になりたい」と思うようになった。
まずは身近で自分にできる小さなことから始め、一つずつできることを積み重ねていった。そうするうちに悩みやコンプレックスは解消され、自信がもてるようになってきた。
自分を他人と比べて悩むのではなく、自信をもって自分のしたいことをやり、自分を高めていけば良い。自信を持ちたいなら、まずはできることから始めて自信を持てるようになって欲しい。

準優勝 内藤 和(祖父江中) 私学弁論大会出場へ

「自信を持ちたいと思う人へ」

自分は今までコンプレックスの塊で自信を持てずにいた。しかし高校入学をきっかけに「自分に自信が持てる女性になりたい」と思うようになった。

まずは身近で自分にできる小さなことから始め、一つずつできることを積み重ねていった。そうするうちに悩みやコンプレックスは解消され、自信がもてるようになってきた。

自分を他人と比べて悩むのではなく、自信をもって自分のしたいことをやり、自分を高めていけば良い。自信を持ちたいなら、まずはできることから始めて自信を持てるようになって欲しい。

 

弁論(内藤).jpg