よくあるお問い合わせ

トップ  »  よくあるお問い合わせ

サミッティアコースと普通進学コースの違いについてですが、

①コース目標が違います。

サミッティアコースは国公立大学への現役合格を目標とするのに対して、普通進学コースは四年制大学への現役合格をコース目標としています。

②授業の難易度と進度が違います。

サミッティアコースの方がより難易度が高い授業内容を、早い進度で行っていきます。

③補習の量が違います。

サミッティアコースは土曜の午前中に3コマの補習を毎週行い、さらに火曜・木曜の7限目に1コマずつ補習を行いますが、普進は土曜補習が隔週での実施となり、火曜・木曜の補習は原則ありません。

④修学旅行の行先が違います。

サミッティアコースはカナダですが、普通進学コースはシンガポールと九州の選択制です。

以上が両コースの主な相違点です。

サミッティアコースは毎週土曜日、他コースは隔週土曜日に60分1コマの補習を3コマ実施します。また、サミッティアコースと普通進学コースの一部は毎週火曜と木曜の授業後に約60分の補習を行います。そのほかに夏期休暇には3週間、冬期休暇には約1週間、70分1コマの補習を3~5コマ実施します。

サミッティアコースは英・国・数に重点をおいたカリキュラムのもとに授業を展開しています。英語・数学については1年次より習熟度別クラス編成で授業を行っています。
また名古屋大学などの難関国公立大学の受験希望者を対象に、2次試験科目に特化した志望大学別の問題演習と解説を中心に行う補習を開講しています。
このような取り組みが、国公立大学への高い現役合格率につながっていると自負しています。

本校の生活文化科では、ファッション関係の資格は取得しませんが、そのかわりに技術や感性を磨き、向上させるために各種ファッションコンテストに積極的にチャレンジしています。

「宗教」の授業では仏教の教えを基にした情操教育(道徳心・自律心・豊かな感受性を育てることを目的とした教育)を行っています。

1  2  3