同窓生・卒業生の方へ

トップ  »  同窓生・卒業生の方へ  »  校歌等

校歌等

建学の精神 

けいせい建学の精神01.jpg

 

校訓

けいせい校訓100.jpg

 

校章

 

啓成校章546.jpg


法句経偈



けいせい法句.jpg

校歌

けいせい_校歌02.jpg
啓成高校校歌(MP3データ).MP3

制服の変還 

制服の返還.jpg

 

学校の歴史 

歴史01.jpg
   稲沢高等女学校は社会を支える尊い女性の教育を志した足立誾励・てる子先生により、昭和2年(1927年)に、仏教の教えを基にした手芸学校として設立されました。
   当時、誾励先生は忙しさのあまり、自転車に乗ってもサドルがお尻についていないことから"尻上げ校長"と言われ、てる子先生は学校終了後名古屋の問屋街まで購買部の品物を調えるため夜道を自転車に大きな荷物を積んで引っ張り歩いていました。
   このような創設期を戦時下の厳しい時代のもとで経験しました。戦後は学校体系が見直されたことに伴って昭和22年に眞和中学校、23年には稲沢高等学校と校名が変更されました。
   昭和26年には学園創立25周年を迎え、その年に岐阜県揖斐郡池田町に学校林を造成しました。翌年校名を改め、稲沢女子高等学校が設置されました。教育課程は普通科・商業科・家庭科の3課程が設けられ、昭和41年には普通科の中に進学コースを整え、3学科、4コース制という現在の形の礎が築かれました。それに伴い、総合学園として校舎、設備も整えられていきました。

歴史02iro.jpg

   創設者の二人が逝去されたのち、平成13年、稲沢女子高等学校を改め共学化し、愛知啓成高等学校として新たなスタートを切りました。「進学と野球」のキャッチフレーズの通り、進学の方では特進のサミッティアコースを中心に毎年国公立大学や難関私立大学の合格者を輩出しており、硬式野球部も平成18年3月に創部5年目にして選抜甲子園に初出場を果たしました。創立90周年を迎える本校は、創立からの情操教育が脈々と受け継がれており、落ち着いた、真面目な校風は今も変わりありません。